ヘルペスの治療薬を買うのは個人輸入が一番!? でも個人で輸入していいの?

ヘルペスになると唇に出来る水ぶくれ。ヒリヒリとして痛いですよね。
でも、病院に行く時間もないという人も、たくさんいるのではないでしょうか。
水ぶくれ程度では、会社を休めないこともあるでしょう。

せめて薬だけでも手に入ればと思う人は、個人輸入を利用してみるのはどうでしょうか。

医薬品を個人で輸入してもいいのか

特に薬というものは、体に大きな影響を与えかねないですから、制度的に厳しいのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。
実際、個人で輸入する場合でも、営業目的でないことの証明を受ける必要があります。
その時に発給するのが「医薬品等輸入報告書」というらしいのですが、一定の範囲内であればこの報告書なしに、輸入が出来る制度があります。

ヘルペス治療薬のような処方せん薬の場合、その範囲は「1か月分以内」で「個人利用」に限るときです。
個人利用に限るというのは、輸入した薬を誰かに売ることも、譲ることもできないということです。
また、誰かに頼まれて代わりに輸入することも、許されていません。

このことを守れば、外国で売られている薬を輸入することが出来ます。
しかし、なぜこのような制度があるのでしょう。
その理由は外国で治療を受けた人のためなのだそうです。

外国で治療を受けていた人が、日本に帰国してからも処方されていた薬を簡単に輸入できるように、というのが目的だったらしいのですが、我々もその恩恵にあずかれているわけですね。

個人輸入代行サイトについて

ここまで読んで、個人輸入なんて簡単に言ってくれるな、と思った方もいるでしょう。
しかし、個人輸入が簡単にできるように、輸入の仲介をしてくれる業者がいます。
個人輸入代行サイトがそれにあたり、個人と外国のやり取りの仲介をしてくれます。

仲介と言っても小難しいものではなく、利用方法としては普通にネットで通販をするように使うことが出来るようです。
普通の通販と違うところは、外国から取り寄せるため手元に届くまでに時間がかることと、あくまで仲介をしているだけであって、商品を仕入れて販売していないため、仲介手数料など料金設定がややこしくなっていることでしょうか。
優良なサイトならば、こういった点を親切に書いていますので、基本は指示に従うだけになるでしょう。

手数料などはかかりますが、外国の方が物価が安い場合が多く、ヘルペス治療薬の場合ジェネリック医薬品も出ていますので、法外に高くなるということもないでしょう。
またこの方法で購入する場合、病院に行く姿を見られなければ、周りからはせいぜい何か通販したのかなと思われる程度なので、誰にもばれずに薬を買うことが出来ます。

問題はさまざまな代行サイトがある中で、すべてが優良だとは言えない点でしょう。
例えば料金設定などで、大々的に「手数料無料」と書いているところがあった場合、そこは使わない方がいいでしょう。
前述した通り、個人輸入代行はあくまでも仲介業ですから、手数料を取らなければその会社はただ働きしたことと変わりません。

会社である以上、儲けが出なければ給料も出せませんし、会社の維持もできません。
それなのに「手数料無料=ただ働きします」と言われても信用できませんよね。
こういった場合、送料などで必要以上にお金を請求されるかもしれません。

便利さの裏にある危険を知ること

個人輸入はとても便利な制度ですが、中には良くないことを考える人もいるわけです。
しかしそういう人がいるからと、使うのをやめてしまうのはもったいないです。
大事なのは使い方ですから、危険を知り適切に扱ってください。

PAGE TOP