ヘルペスの治療薬を手に入れるのに大活躍! 個人輸入の注意する点

ヘルペスの治療薬を病院に行かずに買おうと思ったら、個人輸入を利用して、外国から湯取り寄せる必要があります。
病院に行かずに、薬が買えて便利ではありますが、気を付けなければいけない点もたくさんあります。
ですから、個人輸入の注意点をまとめます。

 

海外のものの基準はその国にある

個人輸入代行サイトの登場で、簡単に輸入できるようになりましたが、簡単に利用できるからと言って、注意する点がなくなったわけではありません。
例えば日本では、医薬品を販売するにあたって、安全性の検査をしっかりと行っているので、安全に薬を飲むことが出来ます。
しかし、輸入元の国しだいでは、日本と同等の検査をしていないかもしれません。

薬の製造には各国それぞれに基準があり、それを満たせば販売できるため、国によって安全性が変わることもあります。
しかし、この場合現地では流通している薬でしょうから、全く駄目だというわけでもないと思いますし、何より日本よりも細かく検査をする国もあるでしょう。
それよりも、ちゃんとしたところから送られてこなかった思っていたものと違うものが送られてきた、などという方が問題です。

この辺りは信頼できる代行サイトを利用することで、ある程度は回避できるでしょう。

 

すべては自己責任

当たり前ですが、病院や薬剤師を通していないため、薬についての説明もありません。
そうなると副作用などは自分で調べるようにしないと、思わぬ健康被害を受けることになりかねません。
また普段飲んでいる薬との飲み合わせも考えなくてはいけません。

こういった判断はすべて自己責任であることを忘れないようにしましょう。

 

何かあったらすぐに病院へ

病院に行けないから輸入しているはずなので、何かあったらと病院に行くっていうのは本末転倒のような感じもします。
ですが、大切なのは自分の健康のはずです。いざというときには迷わず病院に行って医師の判断を仰ぐようにしましょう。

ヘルペスってどういう病気? ウイルス性の感染症であるヘルペスについて

ヘルペスの治療薬を買うならに日本よりも海外で? 個人輸入が良い理由

関連記事

  1. ヘルペスの治療薬を買うならに日本よりも海外で? 個人輸入が良い理…

    ヘルペスの治療薬を買う場合、個人輸入で外国から買った方がいいという話を聞いたことがあるでしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP