副作用は少ない!? ヘルペスの治療薬にはどんな副作用があるのか

薬には副作用がつきものです。もちろん、ヘルペスの治療薬にも副作用はあります。
ヘルペス治療薬は病院での処方が必要な薬ではありますが、個人輸入などで個人的に買うことが出来ますので、副作用などについての情報は自分で調べる必要があります。
そこで、今回はヘルペス治療薬でポピュラーとされている、バルトレックスの副作用についてご紹介します。

ヘルペス治療薬 バルトレックス

バルトレックスは単純ヘルペスに効果がある抗ウイルス薬です。
処方せん薬であるバルトレックスは、日本では市販されていません。
ですが、個人輸入を使うことで、買うこともできます。

その副作用は少ないと言われていますが、全くないわけではありません。
主な副作用は「発疹」「下痢」「めまい」「ねむけ」「頭痛」などですが、まれに重い症状が出ることがあります。
例えば急性腎不全。初期症状としては、むくみ尿の減少尿の濁りなどです。
アナフィラキシーの症状が出ることもあり、冷汗手足のしびれ顔面蒼白などがあれば疑った方がいいでしょう。

このほかにも、精神神経症状が出たり、呼吸がしにくくなったり放置しておけない症状が出ることもあります。
もしも薬の服用後体に違和感があれば迷わず病院に行くようにしましょう。
また、少しでも副作用が出ないようにするために、用法用量などは守るようにしてください。

副作用が少ないということで安心しない

確率が低いと聞くと、よもや自分が該当するとは思っていなかった、という人がたくさんいます。
もちろん必要以上に警戒することはないですが、どういう症状が出たら病院に診察してもらった方がいいのかなど、もしもの時の対応策は考えておくようにしてください。
特に個人輸入した人は、気を付けるようにしましょう。

ヘルペスの治療薬を買うならに日本よりも海外で? 個人輸入が良い理由

関連記事

  1. ヘルペスってどういう病気? ウイルス性の感染症であるヘルペスにつ…

    日本人の多くが感染しているというヘルペス。 誰にでも症状が出る可能性がありますが、そもそもヘルペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP