ヘルペスの治療薬を買うならに日本よりも海外で? 個人輸入が良い理由

ヘルペスの治療薬を買う場合、個人輸入で外国から買った方がいいという話を聞いたことがあるでしょうか。
実際には少し違うのですが、病院に行かずに買おうと思ったら個人輸入が確かに楽かもしれません。
今回はそのあたりの事情を、簡単に説明していきます。

日本で市販されているヘルペス治療薬は塗り薬だけ

ヘルペスにはいくつか種類があり、最も感染率が高いのが口唇ヘルペスだと言われています。
日本で唯一市販されているヘルペス用の塗り薬ですが、この口唇ヘルペス専用のようです。
つまり、ほかのヘルペスの場合市販されている薬では、どうしようもできないということですね。

さらに、塗り薬に関しても再発した人しか買うことが出来ず、買うためには再発であるというチェックを薬剤師にしてもらう必要があります。
これはヘルペス治療薬が第一類薬品で、薬剤師の指導が必要だからなのだそうです。
ヘルペスのほかの治療薬には、飲み薬や点滴もありますが、塗り薬以外は病院で処方してもらう必要があります。

つまり、日本でヘルペスの治療薬を手にしようと思うと、非常に手間がかかるわけです。
もちろん、ヘルペスの症状が出たら病院に行くことが望まれますが、行くに行けない事情もあるでしょう。

しかし個人輸入であれば、病院に行かなくても本来病院から処方してもらう必要のある、処方せん薬も輸入することが出来るのです。
1か月分以内であれば、特に大きな手続きも必要ありません。
注意として、個人輸入したものは個人で使い切るのが原則ですから、誰かに売ったりあげたりはできませんので覚えておいてください。

処方せん薬であることを忘れない

ヘルペスの治療薬は、本来医師や薬剤師から薬の説明があって初めて手に入る薬です。
個人輸入ではその説明がありませんから、少なくとも用法用量は守って使うようにしてください。

ヘルペスの治療薬を手に入れるのに大活躍! 個人輸入の注意する点

副作用は少ない!? ヘルペスの治療薬にはどんな副作用があるのか

関連記事

  1. ヘルペスの治療薬を手に入れるのに大活躍! 個人輸入の注意する点

    ヘルペスの治療薬を病院に行かずに買おうと思ったら、個人輸入を利用して、外国から湯取り寄せる必要があり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP